へんじがない、ただの引きこもりのようだ

ゲームを中心に世界は回っているのだ

【FF14】農業系光の戦士になりました

 

 

どうもこんばんは。

 

昨年末からスタートしたFF14ですが、そろそろ潮時かと思い記事にすることにしました。

なーにが潮時なんだという感じなんですが、始めてから数週間経ったことで一応ストーリー上は落ち着いたのでちょっと放置して記事を書くくらいはいいかな、と。

 

ネタバレしない程度にざっとストーリーを振り返って近況報告となります。

 

 

それでは続きからどうぞ~。

 

 

 

 

 

メインストーリー

 

私はFF14の完全なる初心者ではないのですが、以前プレイしていた時ははるか昔のことで、プレイしていたと言い張れるほどの時間はプレイしておらず、正直に言って序盤からまーったく覚えていなかったので初見プレイということにしておきます。

 

そのくせ難しいと言われるヒーラーから始めてしまいました。

ジョブの難易度は調べて理解していたのですが、いわゆるシャキ待ちが比較的少ないことでサクサク進めていけるであろうという魂胆と、ヒーラーロールのジョブの一つである占星術師が気になってしまったからです。

現在も戦闘職のメインは占星術でやっています。エフェクトがキラキラしてて綺麗(実際はそんなもの見てる余裕がないです)。

 

調べれば調べるほど出来るコンテンツの量がとても多いのですが、ストーリークエストの制覇が前提になっているものが多々あったのでとりあえずはメインストーリーを全て終わらせてしまおう大作戦で進めていきました。

 

 

 

新生エオルゼア

 

最序盤のストーリーですね。

こののちの拡張パッケージに繋がる全てのチュートリアルを含んだようなストーリーでした。

 

メインクエストはお遣いのようなものが多く、ぽちぽちゲーが大して苦にならない私でも流石に堪えました。

移動手段が乏しい中で移動距離が長かったり、砂の家の横にエーテライトが設置していなかったり(これ絶対みんな思ってますよね!?)。

ストーリー自体もネットで見た情報通りあまり面白くなく、バッドエンドが受け入れられない私にとって終わり方は最悪でした。

 

これをプレイして、「拡張パッケージも買ってみよう!」という風になるのかなあとちょっと疑問だったり。

もちろん他のコンテンツでカバーしている部分は多々あるのですが、ストーリーだけを見るとちょっと・・・と感じてしまいました。

まあ感じ方なんて人それぞれですからね。私ははっきり言ってこのストーリーは嫌いです。

 

 

 

蒼天のイシュガルド

 

ぼろくそに言っておきながら1週間で終わらせた新生エオルゼア

 

f:id:myuuuu9n:20190103223004p:plain

 

続けるモチベはそう、拡張パッケージの蒼天のストーリーが非常に良いと評判だったから。

とはいえ、新生のラストでテンションが思いっきり下がってしまっていたので蒼天は全然期待していなかったんですけどね。

 

 

まあ泣きましたけど。

 

 

いや・・・本当に感動するところが多くてですね・・・。

自分でちょろいなって思いつつも涙が抑えられませんでした。

 

私のメインジョブになっている占星術もこの蒼天編から。それもあって新生を乗り越えられました。

それまでは白魔導士で進めていたのですが、その時点で操作がいっぱいいっぱいだったのに占星術師のカード回しも加わったらさあ大変。

蒼天編はIDで一番パニックになっていた時期でした。いっぱいいっぱいで転がしたままにしていたDPSさんごめんなさい。

 

 

 

紅蓮のリベレーター

 

とっても良いストーリーだった蒼天も夢中でプレイしていたら1週間で終わってしまい、最新パッケージの紅蓮のリベレーターへ突入。

 

f:id:myuuuu9n:20190103223919p:plain

 

出来ることも行ける場所も増え、漸く色々理解し始めたのもこの時期です。

アクション増えてさらにわちゃわちゃし始めましたがそんなに慌てることもなくなりました。昔よりは遥かに余裕が出てきましたがタンクが柔らかいと泣きます。

 

最新の4.4も年末には終わらせましたが、ストーリーはまあまあまあまあといったところ。

熱血タイプとは程遠い性格をしているのでリセの言動には共感しかねる場所も多々あったのですが、総合的に見ると新生よりははるかに面白かったです。

とはいえ完結はしていないので4.5パッチを待つのみですね。終わりは本当に重要です(終わりが悪すぎて新生の中盤覚えていません)。

 

 

紅蓮のストーリーはそんなところでしたが、討滅戦が面白いものが多いと感じました

スサノオラクシュミ、ツクヨミなど、ストーリーで戦うレベルの蛮神も楽しめました。BGMも好みのものが多く、わざわざ聞きに入ったりもしてしまいました。

ストーリー自体にIDが少なかったのも結構嬉しい要素でしたね、どうしてもIDが多いとストーリーの進行が止まってしまうので。

 

 

 

現状

 

一旦ストーリーに区切りはついたので、現在はギャザクラのジョブを上げると同時に蛮族クエも消化しています。

アップデートが来る前に色々なものに手を付けておこうとおもいまして。

蛮族デイリーのように一日にこなせる回数が決まっているものもあるので、やる気になってからでは遅いかと思いまして。

 

このゲーム、ギャザしてクラフトしてギャザしてクラフトして・・・という無限ループに陥るので永遠に時間がとられてしまうんですよね。

アトリエやってるんじゃないかと錯覚してしまったくらいなのでアトリエ買わなくて良さそうです(?)。

 

ギャザクラといいミラプリといい零式といい時間の取られる要素があまりにも多すぎて・・・。

時間が取れるときは良いんですけれど、一日でも欠けてしまったときにモチベが消失しないか心配だったりします。

 

夢中になって進めていたら若葉マークをどこかに落としてきてしまったようですが、心はまだ若葉なので迷惑かけないくらいの状態になって5.0を迎えたいですね。

その時にまだプレイしているかどうかなんてわかりませんが。

 

 

 

 

 

それでは。