へんじがない、ただの引きこもりのようだ

ゲームを中心に世界は回っているのだ

【FF14】紅蓮極蛮神マウントコンプ!極青龍マウント&九尾のカムイをいただきます

 

 

どうもこんばんは。

 

紅蓮時代からたまに周回していたとはいえあまり進捗がよくなかった紅蓮パッチの極蛮神のマウント集めですが、先日ついに終了しました・・・!

今となっては制限解除が実装されているので比較的高速周回できますが、それでもまだ一つ前のパッチなので超高速周回というわけではありませんし、油断するとワイプしかねないギミックも存在します。

私自身が紅蓮極蛮神のギミックをうろ覚えだったということもあり、見て見ぬふりをしていたのですが、最近また重い腰を上げて集め始めたわけですね。

 

(最近獲得したものだとここらへんです。)

 

 

 

 

 

 

極青龍征魂戦

 

最後に残った紅蓮パッチの極蛮神は極青龍でした。

青龍は紅蓮パッチの最後に実装された討滅戦(正しくは征魂戦)なので解除なしで何度か周回した記憶もありますし、まだギミックも頭に残っているものが多く、どのロールでも案外苦戦せず周回できました。

 

タンクのアチーブメントの兼ね合いでタンクで周回することが多かったのですが、今となってはT1H1D6の火力寄りの編成で周回できたりするので一周あたり5分未満で討伐できていたのはヒカセンの進化・・・いやILの暴力を感じざるを得ませんでした。

 

 

青のカムイを渋る極青龍

 

極蛮神のマウントは99周すると確実にトークンと交換して入手できるいわゆる天井が存在するのですが、制限解除が実装されているようなドロップ率が緩和された極蛮神のマウントではその天井に届く前にドロップで入手できることが多いので、天井のお世話になることは今まで一度もありませんでした。

もちろんドロップする確率・ロット運の問題なので、マウントによってはかなりの周回数を重ねたものはありましたが・・・。

 

 

それにしてもこの極青龍はなかなか厄介でした。

 

50周を過ぎてもマウントを入手できず、60周、70周・・と着々と回数を重ね、ついには80周を突破

「ああ、これは初天井だな・・・」

そう覚悟しました。

もう諦め半分で「た、タンクアチブのためにやってるんだからねっ////」という脳内ツンデレを発生させ周回していました。

 

 

f:id:myuuuu9n:20200627040232p:plain

 

85周でようやくドロップしました。青のカムイの笛が・・・!

「邪魔だ!その存在が!」なんて言うくらいなら早く笛をくださいよ青龍さん。笛もらったら用はないのでお望み通り「その存在を抹消」されますので・・・。

 

こうして苦労の末入手した「青のカムイ」はこちら。

f:id:myuuuu9n:20200627040815p:plain

紅蓮極周回が終わった解放感からSSの撮影を完全に忘れていたので、たったいま撮影してきたのはここだけの秘密。

 

 

九尾、現世に舞い降りん

 

新生極蛮神は麒麟、蒼天極蛮神は鳳凰ときて、紅蓮極蛮神コンプの報酬は九尾。

 

f:id:myuuuu9n:20200627041054p:plain

 

馬や鳥マウントと同様、全ての犬を集結させることで九尾が現れるもの。

イベントを終え、無事に「九尾のカムイ」を入手。

 

f:id:myuuuu9n:20200627041406p:plain

 

なかなかおぞましい顔をしていますし、麒麟や鳳凰と比較して綺麗!というわけではないのですがサイズが大きいということもあり存在感はなかなかのもの。

騎乗時のBGMは「紅蓮のプレリュード」でした。紅蓮パッチ時代のタイトル画面で流れていたBGMです。

 

 

 

極青龍でかなりの時間を費やしてしまいましたが、やっぱりマウント目的で何かを周回するのは楽しいですね。

アチーブメントを集めるきっかけとなったのもマウントを集めたいという気持ちからなので、私のモチベの大部分を占めているといっても過言ではありません。

 

漆黒の極蛮神も徐々にドロップ率の緩和・天井の実装が来ていますし、ぼちぼち募集に入ってマウント集めをしていきたいと思っています。

 

 

それではでは。