へんじがない、ただの引きこもりのようだ

ゲームを中心に世界は回っているのだ

コンプ癖は砕けない ・・・わけではない

 

 

どうもこんばんは。

たまには関係ないどうでもいいことを書き連ねたくなる時もあるので適当に更新していこうと思います。

 

ちなみにタイトルの元ネタのジョジョは一切読んだことがありません。

多数の人から勧められるんですがね・・・映画、本、漫画、アニメ問わずなかなか重い腰が上がらず見ていないものが多くなってしまいました。

そもそもこのフレーズを知ったのもジョジョを呼んでいないので、ジョジョとコラボしていたモンハン経由です。

 

 

 

 

妖怪コンプ癖

 

コンプ癖・・・コンプリート癖ですね。

なんでもかんでもコンプリートしようとしてしまうコレクター気質の強い状態で、消費者側に回ったらもう企業のカモ。

 

私は大昔からその病を患っているので、ある程度ハマったものは全てしゃぶりつくそうとしてしまうんですよね、特にゲーム内で。

残念ながらギャンブラーではないのでソシャゲなどでコンプを目指したりしないのがまだ救いですね。そうなってしまっていたら完全に破産しています。

 

図鑑埋めなんかは想像しやすいと思いますが、ありとあらゆるものをコンプしようとしてしまうので、モンハンの勲章はもちろん、武器をすべてコンプとかそういったことまで手を付けてしまうのでやめられないとまらない。つまりコンプ癖はかっぱえびせん。

 

今回はただ書きなぐるだけなので本当に好き勝手書こうと思いますが、こう、打消し線が続くと大体筆者が面白いと思ってニヤニヤしながら自己満に浸っているだけなので生暖かく見守っていてください。完全にその状態です。

 

 

FFにおいてのコンプ癖

 

ネトゲなのでいうまでもなくコンプするものがたくさんあります。

長く続いているネトゲって大体期間限定のものがおおく、コンプしようとしても物理的に不可能なものが多いのですが、FF14はそういったものが比較的少ない印象(もちろん一定数存在するのでコンプは不可能です)。

そして比較的手の届きやすいもの、頑張ったら集められそう!と思えるものが多いので集めたくなってしまう敵の罠。FF14自体ものすごーーーーーーーーく親切仕様なMMOなので基本的にハードルを低くしているんでしょうね。

 

まあそんな感じのハードルの低さだったので私はその罠にまんまとかかって綺麗にコンプ癖を発動したのでした。

入手不可能なものは仕方ないので除外するとして、マウントやミニオン、製作武器やアチーブメントなどを収集し始めたのです。

 

今でこそ指標としてアチーブメントを集めていることを公言していますが、発端はマウント集めです。FF14では基本的にマウントに乗って移動するので目にする機会が多く、バリエーションが欲しくなってしまったんですよね。

もちろん難易度的に非常に時間がかかるものもありましたが、比較的簡単もしくは短時間で入手できるものもたくさんあるのが、私を沼に陥れるには十分でした。

そしてそのマウントの入手条件に特定のアチーブメントがトリガーになっているものもあり、その延長でアチーブメントも集め始めたわけです。

 

結局マウントにせよアチーブメントにせよ「数」として表示されるので成果が明確に表れるんですよね。

このゲーム、強さや達成度、もっと頭の悪い表現をすると「すごさ」が結構わかりづらく、「みんなすごくてみんないい」みたいな某みつをさんが思い起こされるような表現がぴったりだったりするんですよ。

MMORPGなんて自分の中で目標を立てないと、コミュニケーションを楽しんでいたりRPを楽しんでいる人以外はなかなか長続きしないのでその指標としてちょうどよかったのです。

 

 

終わりの始まり

 

で。

基本的にいわゆるハムスター的な無限作業は全く苦ではないので同じものの周回はどんとこいという感じでコツコツと続けていけるタイプなので、コンスタントにアチーブメントは集まっていきました。いや、集まっていっています。現在進行形。

何をするにしても効率やら方法やらいろいろものすごく考えてしまうのでなかなか気が休まらず、無限周回系の方が楽だったりするんですよね・・・。

 

とはいえサービス終了したりしない限りは、追いつけるようなコンテンツ量ではないので終わりのない作業に近くなる上に、先述の通り入手不可のものが存在するので完全に網羅したという状態にすることは出来ないんですよね。仕様上。

つまりコンプリート癖と名乗りながらもコンプリートすることが出来ないので、疑似コンプリートを目指しているように見せかけて収集を進めていくことで、モチベーションを保たせているという具合。回りくどいわ。

 

基本スタンスが完全制覇、ないしはトップになるまでひたすら妥協しないスタンスなのですが、仕様上そうもいかないのでどこかで見切りをつけ自分の中でのゴールを設けることになってしまいます。

結局のところ気持ち次第となってしまうので、どこかで満足をしてしまった瞬間に終わってしまうんです。モチベーションが一瞬にして。

 

ある程度大きい、時間のかかるアチーブメントやマウントを入手してしまうとそこでやりきったという一つの区切りがうまれてしまい、そのままフェードアウトしてしまうことがあるんですよね。

 

パッチ5.2のイシュガルド復興がそのきっかけを作るには十分すぎたのです。

ランキング1位というゆるがぬ立ち位置、プテラノドンマウントという勲章にしては大きすぎるくらいのレアマウントの早期獲得。

獲得した直後はいいんです。達成感と解放感に満ちているのでモチベーションは高くなる一方なのですが、時間がたち落ち着くにつれ満足感が大きくなってしまうんですよね。

 

まさに数日前にその波が来てしまったのです。

時間的なものもあり、その他のものもトリガーになったのは確かですが、確実にモチベーションが急降下しました。

確かにFF14は一年半以上続けているネトゲで、大抵のネトゲは長くても1~2年で飽きて別の場所に移住してしまうので、内心「ついに来たか・・・」とどこか冷静に考えてしまっている自分がいるのは確かでした。

ゲームなんていずれ終わりがくるのは当然なのでまた違う住処を探すだけの話。

とはいえ消費していないアイテムもたくさんあるのでどうせ離れるなら・・・と幻想薬を割り始める始末。

 

f:id:myuuuu9n:20200712054751p:plain

 

血迷った時はヴィエラ。キャラメイク保存データにも「ちまよった」というメモが残してあります。

色々あったのでSSのように解放感にあふれた感じでは一切ありませんでしたが困った時のヴィエラ。

 

f:id:myuuuu9n:20200712054858p:plain


ララフェルやミコッテにはない大人の女性の雰囲気を出せるので気分転換にはもってこい・・・だと思いたかった。

 

f:id:myuuuu9n:20200712055010p:plain


この記事を書き始めた時点ではまだ血迷っていたので、なんというか何を結論にしたくて書き始めたのかわからない状態なのですが、現時点では思いっきり脱線してただのSS記事になりそうなのはここだけの秘密。

 

自分の中ではもう完全に飽きた、いや、その他要因もあり続けられないなと思っていたので過去にプレイしていた他ゲームをインストールしなおしたり、新たな世界に足を踏み入れたりしました。

 

わかってはいましたがこれだけ簡単に崩れるんですよね、コンプ癖。未完でも許されてしまう、全然コンプしない厄介な癖。

ただ、この世の中にゲームはたくさんあるので別にこのゲームにこだわっているわけではないというのもまた厄介なところ。

 

アチーブメントの界隈ではひよっこもひよっこでいいところなのですが、上位陣は続けるモチベーション、MMOという特性上他人とうまくかかわっていくバランスのとり方がうまいんだろうなあと改めて思いましたね・・・。

(そもそも全体で見ると私は新参なので上位陣に追いつけないのは当然のこと。)

 

 

色々書いてはきたものの、結局FF14に戻ってきたのは確か。

書きたいけど書けないこともたくさんあって根本的な解決、モチベの維持に関しては問題がないかと言われるとYESとはいいがたいのですが、またアチーブメントを集めに奔走することでしょう。

過程は大変であれども、ある意味何も考えずに目標を立てられるのは楽なんですよね。

 

f:id:myuuuu9n:20200712063445p:plain

 

そっとミコッテに戻り、いつもの生活へ・・・。

 

 

 

 

 

脳の整理にでも、と思い書き始めて消す予定だったものが数日かけてしまう支離滅裂な文章に。

いつもそうですが数日にわたって書いている記事は大体面白くない。何を考えて書いているのか忘れるから。

そこまで長い文章を打っているわけではないので一日で仕上げたいところですねえ。

 

結局自分で読み返した時に、「この時、乗り気じゃないのに無理やり書いたんだな・・・」というのはすぐわかってしまうので、このブログを一番読んでいるであろう自分が面白くない。

そう、ここは人生をゲームに捧げる私の行動ログ。自分のための場所。

アップデートでも走らせて寝ようと思います。おやすみなさい。