へんじがない、ただの引きこもりのようだ

ゲームを中心に世界は回っているのだ

【PSO2】略式複合テクニック レ・スヤァーランツィア

 

 

どうもこんばんは。

 

水曜のアップデートで色々追加されましたね、不具合が。

・・・ではなく。

 

そう、何度かブログに登場させていた略式複合テクニックが実装されたので、適当に使ってみた雑感でも書いていこうかと思いまして。

 

前振りとして書くことは特にないのでとっとと本題に行ってしまいましょう。

では続きからどうぞ~。

 

 

 

 

略式複合テクニック

 

テク職の必殺技といえば?

そう、床ペロ!!

 

ではなく。

ニュマ子の悪口でもなんでもないです。ニュマ子かわいい。

 

まあテク職・・・主にFoの必殺技といえば複合テクニック。

その「略式」ということで、普通のテクニックの複属性あるバージョン、みたいなテクニックが追加されました。

3つしか追加されていないので、3つとも見ていくことにします。

 

 

レ・フォメルギア

 

フォメルギオンを踏襲した名前の通り、属性の複合。

f:id:myuuuu9n:20180628235558p:plain

突進していきます。モンハンのランスの突進です。

ボタンホールドで突進持続、離すと大きく退きながらフィニッシュ攻撃(わかりづらいんですが下図)が出ます。

f:id:myuuuu9n:20180628235734p:plain

威力の割に、PPがとても重いという欠点がありますね。

本家フォメルが結構使えるのと同様に、属性的には問題ないんですが・・・といったところ。

 

移動用テクニックとして使えるかといわれると、それもまた微妙。

細かい仕様は異なっていたりしますが、同系統の属性で考えると零式サ・フォイエで十分かな、と思ってしまいました。

 

 

レ・バーランツィア

 

f:id:myuuuu9n:20180629000235p:plain

⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーン

f:id:myuuuu9n:20180629000306p:plain

ブーン⊂二(^ω^ )二二二⊃

f:id:myuuuu9n:20180629000402p:plain

⊂二二(^ω^)二二⊃ブーン

 

多分現状だと一番使い道あるかもしれないと、個人的には可能性を感じている略式ちゃんです。

ゆっくり飛行しながら氷の礫のようなものをエネミーにぷつぷつと当てていくテクニック。

移動と攻撃を兼ねているので、隙間にねじ込んでうまいことやればダメージを稼げるのではないかと。

というレイドでよく使う属性なのもありがたいですね。

 

昨日積極的にこのレ・バーランツィアを取り入れて、ソロ花に行ってみたんですがなかなかよさげでした。

f:id:myuuuu9n:20180629000930p:plain

(前回の記事あたりでヒーローでソロ花が楽とか言っていましたが、Foの方楽に感じましたw)

 

 

レ・ザンディア

 

残りはそう、の略式複合テクニック。

f:id:myuuuu9n:20180629001227p:plain

着弾地点を定めてー

 

f:id:myuuuu9n:20180629001326p:plain

ぐるぐる~

 

f:id:myuuuu9n:20180629001356p:plain

どーん!

 

PP消費がとてもとても大きい、発動中動けないという大きなデメリットはありますが、火力はそれなりのもの。

零式ゾンデみたいなイメージで間違ってないと思います。

 

これもうまいこと使うことが出来れば、かなり強いテクニックなんじゃないかと思っているのですが、何せ属性が風雷ということで、今のクエストだとあまり刺さらないんですよね・・・。

置きテクとして優秀だと思うので、アルチがまたブースト等かかれば使ってみたいですね、発動する前にエネミーとけそうですけど

 

 

 

総評

 

微妙じゃないかという声が多数あると思います。

私もそう思いますが、ぶっ壊れるよりマシだと思いました。(正直安心しました)

 

そして一つ残された要素として、テクニックと言ったらこれ。

f:id:myuuuu9n:20180629001931p:plain

略式複合テクニックのタブが増えてるんですよ、テクカスの中に。

テクカスが実装されたらまた全然違った使用感になるでしょうし、手のひらくるくるで手のひらからザンが出ること間違いなしですね。

 

 

・・・ちなみに、スウィートショコラを着ているのは、アークマランドのコスチュームボーナス対象だからです。

かわいいので普段からよく使っていますけどね。

 

 

 

それでは。