へんじがない、ただの引きこもりのようだ

ゲームを中心に世界は回っているのだ

約2年ぶりの砂漠 そして復帰し損ねる

 

 

どうもこんばんは。

 

完全に私の個人的なPCの事情になるのですが、去年の10月末ほどにPCを新調しまして、それから今のPCではほぼFF14しかプレイしていない状態でした。

確かにいくつかsteamのゲームも入っていたりしますが、それでもほんのわずかで、ストレージは空きに空いていたわけです。

ちなみにsteamのゲームは買うだけ買ってロクに進んでいないので記事にもならないわけですね~。

 

で。

数日前に書いた記事の通りFF14のモチベーションが多少下がってしまった時があり、その時に気まぐれを起こして再び黒い砂漠をインストールしてみました。

この黒い砂漠というゲームは初めてプレイした時は「これぞMMORPGだ・・・!」と久々のMMOに一種の感動を覚えてしまったのですが、当時のPCスペックだと最高品質でプレイすることは出来ず、歯がゆい思いをしたのを覚えています。

それとキーボードマウスでの操作にからだがバキバキになったという情けない理由で遠ざかってしまったという背景もありました。作業系を同じ体勢でやってはいけない。

 

 

 

 

久しぶりの黒い砂漠

 

MMORPGみたいな長時間その世界に住み着くようなゲームって、寄り道要素がたくさんあった方が楽しいと感じられることが多いんですが、黒い砂漠も例にもれず戦闘だけでなく幅広い生産要素や、細かいキャラメイクや綺麗なグラフィックを生かしたスクリーンショットなどなど、できることはたくさんありました。

 

そこへ復帰したらどうでしょう。

そう。

 

何をしたらいいか全くわからない。

 

これに尽きます。

初心者よりも質が悪いんですよ、レベルやアイテムもそれなりに整った状態で「ハイ、復帰ね、これとこれとこれあげるからブーストして頑張りなさい。じゃ!」という感じで即突き放されます。

 

 

まあこんなことはわかり切っていました。伊達にゲームばっかりやっていませんから。

わかったうえでログインした理由はそう、PCのスペックの向上でどれだけSS撮影に差が出るのか気になったのです。

SSはブログのために撮っているものでしたが、PSO2時代からゲーム内の楽しみの一つと化していました。

黒い砂漠はグラフィックがすごい。そういったイメージが焼き付いていたのでどうしても試してみたくなったのです。

 

 

PC新調でリマスター・ウルトラはどうなるのか

 

旧PC時代はこちら。

 

グラボは元々GeForce GTX1060(6GB)を使用していたのですが、PC新調に伴いGeForce RTX2080Superに差し替えました。

CPUもIntel Core i9-9900KへグレードアップしているのでCPUがボトルネックになることはまずないでしょう。(何度考えてもi7で十分だった。)

 

旧PCと同様3つの設定を比較的過密な地域でFPS測定してみました・・・といいたいところなんですが、モニターをウルトラワイドにしてしまった関係上、比較実験として成り立たないんですよね。ポンコツすぎる。

 

ということでざっくりとした結果ですが

Very High:余裕すぎる。

リマスター:平均100FPSくらい。144は出ない。

ウルトラ:過密だと30~40FPSくらい。

という感じになりました。

ウルトラはどうしてもSS専用になってしまいますね。ウルトラを常用するにはRTX2080TiでフルHDなんかの運用になってしまいそうです。

 

私としては主目的がSSなので、SS撮影が問題なく動ければそれでヨシなのです。ウルトラも動く範囲に入ります。

もちろんウルトラ画質にして早速撮影してみました。

 

f:id:myuuuu9n:20200717044055p:plain

 

あれ、ちょっ・・うごく・・・

 

f:id:myuuuu9n:20200717044129p:plain

 

スローの時間も短い・・・こりゃ無理だ!!!!

 

 

FF14の神機能であるグループポーズに甘えすぎた結果、SSが撮れなくなってしまいました。

なにこれピント合わせて光源調整してもそのあとに動くから意味ないじゃんむりいいいいい!

 

 

この後も試行錯誤したのですが一枚もきれいに撮れず、かわいいショットもなく、そっとログアウトしたのでした。

服の質感とかすごいんですよ。水の映り込みとか本当に綺麗で。

それを撮影して伝える腕がなかったのが非常に残念です。皆さんもつよつよPCにして黒い砂漠をプレイしてみてください(?)。

 

FF14もPS5への対応に合わせてリマスタリングしたり・・・なんてありませんよね。あったら更にSS沼にハマるので遠慮願いたいです。

 

 

 

それではでは。