へんじがない、ただの引きこもりのようだ

ゲームを中心に世界は回っているのだ

【FF14】似非忍者でもAWは完成できるでござる

 

 

どうもこんばんは。

 

最近精力的にAW作成を進めていますが、今回もまたAWを完成させました

以前も書きましたが集中して時間をとれる時期は限られているので、できるときに収集系は進めていきたいものです。

 

 

メレーは自分でも扱うことが少ないのでAW製作も後回しにしていましたが、AWを集めていくうえで最後にメレーばかり残っているのもあまりよくはないので、まずは忍者から手を付けていくことにしました。

 

忍者はこれといってミラプリで決めている武器もないので、AWをかぶせてあげようと思いまして。

メレーは光っていない武器のほうがかっこよかったりするので難しいですよね。

(といいながら光るAWを作る人がここに。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AWの前に

 

 

レベルこそ全ジョブ上げきっていますが、上手くつかいこなせているかというと全くそんなことはなく。

特にメレーは1番苦手で、ほとんどコンテンツに出していなかったので装備がAF混ざりの状態でした。

 

まあAWで通うコンテンツは旧コンテンツばかりなので、ILが多少低くても問題は無いのですが、流石に430と460~470だとIDを駆け抜けるスピードも変わりかねませんからね。

というより初心者でもないのに5.18パッチまで来てIL430近辺は恥ずかしい。

 

 

装備は余ったエデン装備ディープシャドウ系統と足りない部分は新式REで補いました。

ついでに忍者用のミラプリを整えようと思っていたのですが、なーーんにも思いつかなかったので、AF4を被せて使っています

忍者AF4の見た目、結構好きです。

 

 

ということで下準備は終わったので各段階のSSをぽいぽいっと。

 

 

 

 

第二段階・アウォーク

 

 

便宜上、他のAWと同様の名称のアウォークと呼んでいますが、正式な名称は「不動行光【覚】」です。

EWの侍武器もそうですが、和風のジョブは武器名も横文字ではなく和名になっていることがありますね。

 

 

f:id:myuuuu9n:20200117023030p:plain

 

 

既に割と派手なエフェクトがが出ていますが、色が忍者らしいですね。

やっぱり忍者は陰の存在というイメージが強いのでこういった暗い色が似合っている気がします。

 

 

 

 

第四段階・コンダクト

 

 

第三段階で一度刀身の形状が変化し、第四段階(他のAWでいうコンダクト)で色も変化しました。

 

 

f:id:myuuuu9n:20200117024102p:plain

 

 

控えめですが、他のコンダクトと同じような模様が入っていますね。

刀自体は細身でかっこいいのですが、アウォークの段階と比べると色が明るくなりました。

 

 

 

 

 

第六段階・シャープ

 

 

どのAWでもピカピカしているシャープ。

 

 

f:id:myuuuu9n:20200117024319p:plain


 

相変わらずの輝き度合いですねw

シャープの段階でAW完成です!と言われても知らない人であれば信じてしまいそうな光り方をしています。

 

ちなみにこの前の段階でまたも刀身の形状が変化し、ラムウの武器のような感じになっていますね。

忍者や侍はシンプルイズザベストな気がしているので私はあまり好みではなかったりします・・・。

 

 

 

 

第七段階・真なるAW

 

 

輝き集めを終えた最終段階の一つ前の段階ですね。

ここまでくればもう完成したも同然という感じです。

 

 

f:id:myuuuu9n:20200117024459p:plain


 

かなり厚い刃になりました。

改めてみるとロンカの~なんて言われるとちょっと納得してしまいそうです。

 

金色に輝いていますが、最終段階の一つ前は大体こんな色をしているのであともう一段階頑張りましょうということですね!

 

 

 

 

 

第八段階・ルクス

 

 

ということで最後の蛮神ツアーを終えてついに忍者AWも完成です。

 

 

f:id:myuuuu9n:20200117024724p:plain

 

 

「サンダン・ルクス」ですね。

 

 

強化途中は漢字の名称だったのに最後はカタカナかーい!

 

 

 

 

忍者は光り方もそうですが双剣の形状も大きく変わるので好みが分かれそうですね。

元が細身の双剣なだけあって、最終段階の厚めの刃は少し違和感を感じてしまいました。

もちろん光り方はきれいですけどね!

 

私は結局すべての段階を比較して、アウォークの段階のAWをミラプリして使うことにしました。

私の勝手なイメージですが、いちばん忍者っぽかったので。

 

 

 

 

 

ということで忍者のAWを完成させたので次は・・・そうですね、りゅーさんのAWでも作っていこうと思います。

とはいえAWを作成するための詩学素材のストックが尽きてきたので、AWの作成を進める前に、人がいればEW作成を再開しようかと思います。

 

予定ではEWは最低限ナイトと赤魔導士の武器が欲しいなあとは考えています。

あとは久しぶりにもう一度バルデシオンアーセナルに行ってみたいですね・・・!

 

 

 

 

それではでは。