へんじがない、ただの引きこもりのようだ

ゲームを中心に世界は回っているのだ

【原神】Youは胡桃(フータオ)何凸へ?

 

 

どうもこんばんは。

 

普段原神はガチャ更新のタイミングをあまり気にしていないのですが、かなり久しぶりに祈願(ガチャ)してみることにしました。

 

正直なところ、イベント更新がない限りはひたすらデイリーをこなすゲームと化していて、ある程度の聖遺物を確保しているせいか、聖遺物厳選のモチベーションもそんなに高くありませんでした。

そんな時は祈願をして新キャラを迎えるに限ります。この時のためにしばらく祈願をしていなかったので。

 

原神というゲームは最高レアリティのキャラクターを引けるか否かよりも、何凸出来るかが大事になってくる場合もあり、欲しいキャラが出たときにある程度凸出来るように確保していました。

原神の祈願は確率は低いのですが、天井が低めなのでキャラ自体を入手することは比較的簡単・・と思いきや最大6凸(7キャラ分)という限界突破がかなりの難関となっているので、大量の原石があるに越したことはないわけです。

 

 

 

 

 

 

彼岸満開

 

最後に祈願したのが去年の11月。

ちょうどタルタリヤが実装された時に、なぜかタルタリヤ目的ではなく、刻晴目的で祈願しまくってしまい、結局当時実装されていたキャラクターを全て引いてしまうという事態に。

 

f:id:myuuuu9n:20210303021446p:plain

(刻晴だけ最後まで出てくれなかったのでとんでもないことに。)

 

冒険ランクが55になるまでは原石をひたすら樹脂回復に使用していましたが、冒険ランク55になってからはほとんど原石を割らず、ひたすら貯めに貯めていた結果、2天井分ほど貯蓄できていました

 

 

 しかも刻晴を入手したのは、刻晴ピックアップガチャが実装されるはるか前の話なので、「すり抜け」で入手しており、次の天井はピックアップキャラという状態で時が止まっています。

なのでほしいキャラクターが来たら確実に引くことが出来る状態でずっと放置していたというわけですね。

 

 

胡桃お迎え

 

ということで2天井分あり、次がピックアップキャラクター確定なので、胡桃をお迎えできるのは確定していました。

 

f:id:myuuuu9n:20210303022106p:plain

 

みょんみょんみょーんw

 

炎の槍キャラで、属性と武器の組み合わせはシャンリンとかぶっていますね。

残念ながらシャンリンの限界突破が進んでいなかったのであまり育てておらず、魈も鍾離も所持していないので、槍キャラクターが欲しかったんですよね。

(刻晴狙いの反動で☆5槍をいくつか引き当てていたことも原因です)

 

 

何凸するべきなのか

 

最近の星5キャラクターは必ずこれを考えなければいけないと言ってもいいくらいになってきています。

もちろん完凸が一番ですが、どこが妥協ラインか?というところが論点という感じですね。

 

f:id:myuuuu9n:20210303023049p:plain

 

私は2凸しました。

1凸のつもりでしたが、運よく引けたので。

 

完凸と比較し始めるとキリがなくなってしまうので、完凸以外という前提で書きます。

サポートで使用するのであれば4凸、
胡桃をメインで使用するなら1凸or2凸だと思います。

 

自身の火力にかかわるのは2凸
「血梅香(スキルで付与するデバフ)の火力がHP上限の10%上昇」
と、6凸(完凸)
「即死回避時、会心率100%、耐性系統+200%、なんか色々強くなる」
あたりです。

 

刻晴をメインに使っていたこともあり、この直接的な火力上昇よりも1凸
「冥蝶の舞状態時、重撃のスタミナ消費なし」
の恩恵が大きいと思っています。

刻晴も物理型で重撃ループで使用しているのですが、スタミナ管理問題がずっと付きまとうことになり、それを考えなくて済むとなると自傷スキル持ちの胡桃も安全に立ち回れる可能性が高くなるんですよね。

 

サポートなら4凸と書いた理由は、
「血梅香状態の敵が倒れると、周囲のチーム全員の会心率+12%」
効果だからですね。

 

この会心率上昇効果は残念ながら胡桃自身には乗らないので、マルチ前提という感じになってしまうのが残念なところ。ぼっちプレイヤーには関係ありませんね。

 

 

ということでせっかくなのでメインで使用してみたい私は1凸を目標にしたわけですが、天井分を残した状態で2人の胡桃をお迎えできたので、そのままの勢いで2凸しました。

予め突破素材や天賦素材を集めていなかったので、これから集めて運用しようと思います。

聖遺物は剣闘士+魔女ですかね・・・。

 

 

 

それではでは。