へんじがない、ただの引きこもりのようだ

ゲームとともに歩む雑記ブログ

【FF14】久々のエウレカウェポンは白魔導士

 

 

どうもこんばんは。

 

レジスタンスウェポンを作成し終え、やり残していたことを消化するフェースに入っているFF14

やり残していること、なんて書いてしまいましたが、そんなに昔からFF14をプレイしているわけではないので、やり終わっていないことの方が多いんですけどね。

 

とりあえず製作武器のエウレカウェポンは半分以上製作できておらず、残っているので、この機会にすべて作成してしまおう大作戦です。

まあ・・・戦闘系コンテンツ(主にレイド)よりもこういったコツコツ蓄積していくタイプのコンテンツが好みなので、純粋にそろえたいという気持ちが大きいんですけどね。

 

今回は中途半端に作成していた白魔導士のエウレカウェポンを完走してきました。

エウレカウェポンはタンクとヒーラーロールの武器を中心に作成していたので、この白魔導士のEWが完成することで、タンク&ヒーラーのEWは全て揃うことになります。

裏を返せばDPSロールのものがほとんど作成できていないんですけどね・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白魔導士EW完成

 

エウレカウェポンは紅蓮時代の製作武器なので全部で15本。

この白魔導士のエウレカウェポンはどうやら7本目の製作のようでした。

 

今でこそレジスタンスウェポンを作成してしまいましたが、この武器を作り始めたころはアニマウェポン・シャープの見た目のミラプリに飽きてきてしまったから、という理由だった気がします。

そのくらい同じ見た目のミラプリをしているお気に入りだったんですよね。

 

 

 

アネモス帯 アイムール・アネモス

f:id:myuuuu9n:20210719223945p:plain

 

淡く光るアネモス帯の武器。

PSO2にこんな武器があったようななかったような。

 

「アイムール」はバアル神が持っていた武具の名前らしいです。

「撃退」の意味をもつとかなんとか。Google先生が教えてくれました。

 

 

 

パゴス帯 エレメンタルケーン

f:id:myuuuu9n:20210719225248p:plain

 

光らなくなるお年頃のパゴス帯。

実際のところ、この段階の見た目に光るエフェクトを付けたのがピューロス帯の武器になっています。

 

なんだか変な顔がついていますね。

 

 

 

ピューロス帯 ピューロスケーン

f:id:myuuuu9n:20210719225424p:plain

 

ピューロス帯のエフェクトはすごく綺麗なんですが、白魔の杖は謎の顔の主張が激しくてちょっと怖いですね。

遠目に見ても綺麗さよりオブジェの主張が激しいのが否めません。

 

 

 

ヒュダトス帯 ローズクーベルト・エウレカ

f:id:myuuuu9n:20210719225734p:plain

 

そして最終段階は「ローズクーベルト・エウレカ」

正確に言うと最終段階はカスタムなのですが、見た目上は変わらず、アチーブメントも存在しないので他武器種同様、ここで完成ということにします。

 

杖の形状はダイヤケーンに似たシンプルな形。持ち手の部分などが結構好きです。

 

f:id:myuuuu9n:20210719230132p:plain

 

ちなみに「ローズクーベルト」は「Rose Couverte」で「夜に開く薔薇」という意味らしいです。出典はFF11用語辞典なので詳細は不明ですが。

 

 

以前と異なり、一つの武器種に集中して製作しているわけではなく、並行して素材を集めているので、作成ペースが読めませんが、今まで通り作成完了次第記事にしていこうと思います。

 

 

それではでは。